高品質の海外フリー写真素材サイト、Visual Hunt !日本語検索で国内写真もゲットし放題!

macbook-923975_640

Visual Hunt の特徴

今回は、海外写真素材サイト、Visual Hunt の紹介です。

 

Visual Hunt

 

この写真サイトが他の写真サイトと異なる点は、

日本語入力で日本国内の地名や場所がふつうに検索できる

点にあります。海外の写真サイトにもかかわらず、日本国内の

写真が簡単に検索できることは、とても便利ですね!

 

▼画像数は約3億5千万枚と圧倒的です。

2016-06-01_22h40_10

 

▼たとえば、私の現在住んでいる 「新潟市」 と日本語検索して

みますと、新潟に関連した画像が検索できます。

2016-06-01_22h24_38

14866131422_b33c2805d7_z

16113659603_76d21aae45_z

17407115224_46416bc39f_z

 

▼次に私の故郷である、「佐渡市」 と検索した結果は次の通りです。

2016-06-01_22h27_50

5046803418_3619894583_z

 

2143488538_2ae16cbdb0_z

 

9918527033_bf3012713f_z

 

 

▼「舞妓さん」 だとこうなります。

2016-06-01_23h12_30

25435314943_8db5ba5e20_z

11204754403_f57b11ceb1_z

8521112564_f99ff60965_z

 

まるで、日本のサイトのような充実ぶりですね。

いや、それ以上かもしれません。

「国内検索」は、画質という点で、「英語検索」よりも多少

劣るものの、ブログなどにアイキャッチ用の画像として

利用するのであれば、問題なく使用できるレベルです。

 

▼ちなみに英語で、「New York」 と検索すると下の写真になります。

2016-06-01_22h34_12

night-bridge-new-york-lights-lighting-reflection

statue-of-liberty-new-york-ny-nyc-new-york-city

brooklyn-bridge-nyc-new-york-usa-america-fence

new-york-skyline-new-york-city-city-manhattan

 

portrait-of-beautiful-woman-with-hands-behind-head

 

manhattan-empire-state-building-new-york-city

 

どれも有料級の高品質写真です!

やっぱり、英語検索にすると本領発揮ということでしょう。

海外写真を使用したい場合には、この 「Visual Hunt 」は

かなりお勧めです。

 

Visual Hunt の使い方

「使い方」はとてもシンプルです。

 

▼まず Visual Hunt に行き、ふつうに検索するだけです。

「日本語検索」 にも対応していますし、日本国内の写真も

検索できます。

2016-06-03_19h08_47

 

▼また、カテゴリーから選択することもできます。

下の通り、30のカテゴリーに分かれていますので、

そこから選択してもOKです。

2016-06-03_17h59_28

 

▼例えば「カテゴリー」 から 「love」 を選択します。

2016-06-03_18h24_21

 

▼ 「love」 をクリックすると、次の画像になります。

「ライセンスの範囲」や「ソート」 を選択できるように

なっています。

2016-06-03_18h26_55

 

Visual Hunt は、ほとんどの写真が「パブリックドメイン(=クレジット

表記や使用制限)」なしで利用できます。

 

▼ 下の通り、「All 」で使用して問題ありません。

2016-06-03_20h50_50

 

どうしてもライセンスが気になる場合は、

下のように確認することができます。

 

▼自分の気に入った写真をクリックする。ここでは下の赤枠内の写真を

選択したとします。

2016-06-03_18h25_37

 

 

▼ すると右側にライセンスに関する情報が表示されます。

2016-06-03_18h37_57

 

▼ 上の赤枠内を拡大した画像です。ほとんどの写真は制限なしです。

2016-06-03_22h12_15

 

▼ ダウンロードをクリックし、写真サイズを選択します。

2016-06-03_22h46_14

 

▼すると下のように反映されます。

close-up-of-green-leaf-with-text-on-beach-with-young-couple-in-background (1)

 

「色検索」 もできる!

▼ Visual Hunt には、「色」を主体に検索できる機能もあります。

2016-06-04_11h34_21

 

▼ カテゴリーから「nature 」 を選択してみます。

2016-06-04_12h27_42

 

▼ 「青」で検索すると、青を主体にした写真が検索できます。

2016-06-04_11h56_44

 

▼ 「赤」の結果

2016-06-04_11h58_59

 

▼ 「緑」の結果

2016-06-04_12h06_09

 

たとえば、季節のイメージ写真がほしい場合などは、重宝する機能

ですね。「夏」 のイメージならば青や黄色、「冬」 なら白みたいな感じ

でしょうか。

 

著作権は本当に大丈夫か?

 

courtroom-benches-seats-law-justice-lighting-wood

Visual Hunt の写真は、ほとんどの写真において制約がありません。

著作者が写真の権利を放棄しているということです。ユーザーは

気に入った写真を制限なく自由に選び使用することができます。

 

ただ、ほんの一部ですが、商用利用不可やクレジット(=著作者名)

の表記が義務付けられている写真があります。

 

▼下の赤枠内のように、黄色で条件が示されています。

 

2016-06-04_13h18_21

 

▼拡大したものです。

2016-06-04_14h03_18

 

条件付きの写真は、ほとんどがクレジット(=著作者名)を表示すれば

使用できますし、クレジット表記用のタグ もありますので、

サクッとコピーして、ダウンロードした写真の下に貼り付けましょう。

 

通常、Web 上の写真や画像には著作者の権利、つまり 「著作権」

があります。よく、写真素材のサイトなどで、CC ライセンスとか

CC0(CC ゼロ)などの言葉を見かけますが、簡単に述べると

次のようになります。

 

↓ CC ライセンス (クリエイティブ・コモンズ・ライセンス)

作品の著作権やデータの保有権に対して、

権利保有者を、著作権による制限を設けることで

保護すること。

 

↓ CC0(CC ゼロ)

「いかなる権利も保有しない」 ということです。

クレジットの表記義務や商用利用の制限などを設けず、

完全に作品を公(=パブリック・ドメイン)に置くことを可能に

したもの。クレジット表記なし、商用利用可、改変・再配布可。

 

詳しく知りたい方は、下から確認してみてください。

 

● クリエイティブ・コモンズライセンス

 

● CC0(ゼロ)について

 

まとめ

写真を取り扱った記事は、今回で3回目になります。

1回目 ⇒ Pixabay

2回目 ⇒    Dashmote

そして今回の Visual Hunt です。

どれも個性的で使いやすさ抜群ですね。

 

私は個人的には、Pixabay をメインで使っています。

ワードプレスを使用している方なら、お分かりでしょうが、

何と言っても投稿画面上で高品質な素材をサクサク

得られることは、この上なく魅力的です。

 

Pixabay で、イメージに合った写真・画像がない時は、

Dashmote の 「複合キーワード」 検索や、Visual Hunt の

「日本語検索」でイメージ通りの写真・画像をゲットしています。

Dashmote  も Visual Hunt もそれぞれが1億5千万という

圧倒的な写真・画像数がありますので、他のサイトを見る手間

を省いてくれます。

ぜひ、皆さんも活用してみてはいかがでしょうか。

 

4094578513_efa84684c8_z

Photo credit: reidrac via Visualhunt / CC BY-SA

第6回(最終回)、facebook、ブログ記事を「広告」で宣伝し、 リーチ数を伸ばしてみた。

geralt / Pixabay

 

facebook から謎のお知らせ

ある日、自分のfacebook ページに立ち寄ったら、下のようなお知らせが、

facebook から届いていました。

 

「この投稿を300人から900人にリーチすることができます。」

 

予算と期間を確認してみると、予算=¥ 1,100期間=3日間

となっています。 つまり、1,100円支払うと、3日間で、私の最新の

投稿記事が最大900人に届く、という意味だと解釈しました。

 

「 facebook ページ」 を宣伝してくれる機能は知っていましたが、

「記事」 を宣伝してくれる機能は正直知りませんでした。

 

さて、facebook からの、ご丁寧? な提案に対し、どうしようかと

一瞬迷いましたが、1,100円という微投資で済むならと思い、

「エイヤー!」 という軽い気持ちで、「宣伝する」 をクリック

しました。

 

▼すると、次のような 「注文が受理されました」 という画面に

変わりました。

2016-05-22_17h43_48

 

▼広告のターゲットに関する条件等の画面です。

2016-05-22_17h58_56

 

「広告」でどれくらいのリーチ数になったか

▼下の3つの画像は、記事に対する3日間のリーチ数の

推移です。宣伝していない人も含めたすべての人の

データです。

● 5月22日(初日)⇒ リーチ数=87名、投資金額=17円

2016-05-22_18h18_45

 

 

● 5月23日(2日目)⇒ リーチ数=230名、投資金額=487円

2016-05-23_14h07_14

 

 

● 5月24日(3日目)⇒ リーチ数=506名、投資金額=1062円

2016-05-24_15h01_42

 

 

下の画像データは、最終的な 「広告」 だけによるリーチ数の

データです。「広告」 以外のリーチ数は除いた、純粋な「広告」効果です。

▼5月25日(最終結果)⇒ リーチ数=451名、投資金額=1100円

 

2016-05-27_15h59_50

 

1,100円で約450人に、私の投稿が届いたということになります。

 

「広告」 はブログ集客に活かせてこそ成功!

denvit / Pixabay

denvit / Pixabay

さて、ここで素朴な疑問ですが、今回の「1,100円で記事をリーチ

してもらう!」 という試みは、意味があったのか or  なかったのか?

 

1,100円を投じ、単価39円で私の記事を宣伝し、28名の方に、

「いいね!」 やコメントなどのアクションを起こしてもらいました。

しかし、結果として、私のブログへのアクセスが増えないと、今回の

投資は意味があったとは言い切れません。

 

そこで、私のブログへの訪問者が、この 「広告」 掲載の3日間で

どのような状況であったかをご覧いただきます。

ちょっとした成果はありました!

 

▼3日間のブログの PV 数推移

2016-05-27_16h39_37

ふだんは、40~50 PV くらいですので、

かなり PV 数は伸びています。

 

 

▼5月24日のデータ

2016-05-26_13h13_53

全体で 129PV 、投稿記事のPV は9 です。

投稿記事の PV は9と、数字的には少ないですが、それでも

この 9 名の方には感謝です!

 

▼ブログの「いいね!」の数

2016-05-24_12h29_26

「広告」のリーチにより、28名の方が 「いいね!」 を

してくれています。ありがたい限りです!

私のブログは、facebook を始める前まで、「いいね!」 など全くあり

ませんでしたので、いきなり 「28」 という数字が飛び込んできて

嬉しかったですね ♪♪!

 

まとめ

geralt / Pixabay

geralt / Pixabay

「勝負記事」があるときは、「広告」で宣伝し、リーチ数を伸ばす

ということは有効だと判断しました。この「広告」 がきっかけとなり、

メインのブログへの集客が増える可能性があるからです。

 

私も今後、「勝負記事」に対しては、「広告」 を出してこうと

思っています。

 

それにしても、不思議なことが1つあります。

 

なぜ、私の 「勝負記事」 が facebook にわかったか、という

ことです。facebook には、何か特別な「記事判定システム」が

存在するのでしょうか?それとも私の単なる思い過ごしかな?

 

この記事を世に出したい、と思った瞬間に、facebook から

「広告」 の依頼がありましたからね。

 

ビックリしました。その絶妙のタイミングに!

 

Google のアルゴリズム並みの機能があるとしたら、

facebook 、凄いですね!

 

さて、Facebook を活用したブログへの集客というテーマで、

6回に渡り記事を起こしてきましたが、今回を持ちまして

終了させていただきます。

 

Facebook を始めたことにより、ブログの1日の平均PV 数が、

50 から8 0へと増加しました。

 

僅かながら成果はあったと思います。

もちろんこれからも、Facebook は継続していきます。

 

では、次の記事でお会いしましょう!!

こんな画像サイトがあったんだ!10種類のサイトから一括検索で選び放題!海外画像素材サイト、「Dashmote」が凄い!

camera-514992_640

私のブログのアイキャッチ用画像サイトは、

ほぼ100%、「Pixabay」 を使用しています。Pixabay については、

下の記事でも紹介していますので参考にしてください。

 

Pixabay の記事

 

さて、今回紹介するのは、「Dashmote」 という10種類の

異なる画像素材サイトから、一括検索で自分の好みの画像を

選ぶことができる画像検索サービスです。

 

▼10の写真・画像素材サイト (青色=有料、緑色=無料)

2016-05-20_22h56_36

 

実は、私のお気に入りの、「Pixabay 」 もちゃんと10サイトの中に

含まれているのでうれしい限りです!

 

単純に、Pixabay Dashmote の検索可能な画像数を

比較してみると下の通りとなります。

 

● Pixabay   ⇒ 約 63 万画像

● Dashmote  ⇒ 約 3 億画像

 

Dashmote の画像数は、Pixabay の約 480 倍という

ことになります。圧倒的ですね!

 

ただし、Pixabay は画像数では、 Dashmote に劣るものの

ワードプレスの投稿画面上で検索ができる点と、写真・画像の

品質という点では、とても優れた素材サイトだと思います。

 

Dashmote の魅力は、圧倒的な画像数だけに留まりません!

それでは早速、どんなサイトか見ていきましょう。

 

続きを読む »

第5回 これは便利!facebook ページのアクセス解析 ⇒「インサイト」

trading-643723_640

facebook をやり始め、早いもので1か月が経過し、使い方もだいぶ

慣れてきました。「facebook ページから私のブログの訪問者を増やす!」

という目的で書き始めた実践記ですが、成果は徐々にではありますが、

出始めています。

 

さて、今回のテーマですが、「facebook ページ」 の無料アクセス解析

機能である insights (インサイト)についてです。

facebook ページ開設当初は、その存在すら知りませんでした。

調べてみると、興味深いデータが多くあり、すべて無料で利用できる

ので、とてもありがたい機能です。

 

続きを読む »

第4回、ブログに facebook の 「Page Pluin (ページプラグイン)」 を設置する!

finger-1264881_640

今回は、ブログのサイドバーに、facebook の 「ページプラグイン」

を設置して、「facebook ページ」 の 「いいね!」の数を

増やす試みです。

 

facebook の 「ページプラグイン」 をブログに設置することにより、

訪問者が そのプラグインの 「いいね!」 をクリックすると、

「facebook ページ」にアクセスしなくても、その場でページへの

「いいね!」ができます。 「いいね!」 の数が増えることは、

ブログの活性化にもなりますので、有効かと思います。

 

▼下の画像のようなイメージです。(横長と縦長の2種類)

2016-05-05_22h38_27

2016-05-05_22h39_15

 

私は上の横長のタイプを設置することにします。

 

続きを読む »

ブログ作成者 usa


こんにちは、usa です。
これからの学習塾の生徒獲得は
ネットがメインになってくると思います。
いろいろ調べ実践していきます。
よろしくお願いします!!

★ スポンサーリンク ★




★ Facebook ページ ★

▲トップへ戻る