第16回 PCサイトがスマホなどのモバイルに対して最適化されているかを確認する方法!

DariuszSankowski / Pixabay

最適化と読み取り速度の確認方法

デスクトップやノートパソコンがスマホなどのモバイル端末

から見つけやすく簡単に訪問されやすいサイトに

なっているかを、確認する方法があります。

▼ まずは下のサイトに行きます。

 

Google モバイルフレンドリーテスト

 

▼サイトの URL を打ち込むだけです。

2016-07-07_15h09_24

 

▼サイトがモバイル端末に対して最適化されていれば、

モバイル上での見え方が画像と共に確認できます。

2016-07-07_15h14_43

 

▼また、モバイルとサイトの 「読み込み速度」 を

計測するには、下のサイトから確認できます。

 

PageSpeed Insights

 

▼サイトの URL を打ち込むだけです。

2016-07-07_15h56_01

 

▼するとサイトの画像と共に分析結果が表示されます。

2016-07-07_16h05_40

 

モバイルSEOに取り組むべき理由

▼次のデータは 「儲け学」の宮 義明さん作成のものです。

とても分かりやすく参考になります。

出典:儲け学 宮 義明さん

モバイルSEOに取り組むべき11の理由

第3回、YouTube ムービーメーカーの導入!

geralt / Pixabay

ムービーメーカーとは

今回は自分で動画を作成する時に使用する、

無料の動画編集ソフト、「ムービーメーカー」 についてです。

このソフトは、マイクロソフトが無料で提供しているWindows 用の

動画編集ソフトです。このソフトを使えばビデオカメラやスマホなど

で撮影した動画をWindows パソコンで編集することができます。

動画初心者の方は有料の動画編集ソフトを購入するよりも

まずはムービーメーカーを使用してみることをお勧めします!

 

ムービーメーカーのダウンロード

▼まずは、「ムービーメーカー」 と検索し、下の赤枠をクリック

2016-06-20_19h14_59

 

▼次にWindows のバージョンを確認し、「今すぐ入手」 をクリック

2016-06-20_19h16_03

 

▼するとインストールの許可を促す画像になりますので、

ふつうに 「はい」 をクリックします。

2016-06-23_16h37_30

2016-06-20_19h37_51

 

▼ 次に、「インストールするプログラムの選択」画面となりますので、

赤枠内の 「インストールする製品の選択」 の方をクリックします。

※ もう一方を選択すると不要な付属品がいろいろ付いてきてしまう

ので、 「ムービーメーカー」 だけが必要な場合は避けた方がよいです。

2016-06-23_16h15_16

 

▼「フォトギャラリーとムービーメーカー」 にチェックを入れ、

インストールをクリックです。

2016-06-23_20h28_56

 

▼インストールが始まります。時間の目安は5分程度です。

2016-06-20_19h40_00

 

▼下の画面が出ればインストールは完了です。

2016-06-20_19h45_37

 

ムービーメーカーを起動する

ムービーメーカーをインストールしたら、いよいよ起動します。

Windows の 「スタートボタン」 をクリックし、

「すべてのプログラム」 の中にある 「ムービーメーカー」 を

クリックします。

 

▼すると下のようにムービーメーカーの初期画面が現れます。

2016-06-20_19h41_45

 

今後はこの画面にさまざまな動画を入れ編集していくことに

なります。今回は 「ムービーメーカー」 の導入でした。

 

geralt / Pixabay

 

第2回、YouTube チャンネルの登録!

geralt / Pixabay

 

YouTube アカウントの取得

前回は、「Google アカウント」 の取得方法について述べましたが、

今回は、「YouTube チャンネル」 の登録についてです。

 

YouTube はGoogle 傘下の企業なので、

「Google 」 アカウントを取得した時点で、

実質、「YouTube アカウント」 も同時に取得できる

状態になっています。

 

Google アカウントでログインし、その後、YouTube のサイトへ

移動すれば、その時点でYouTube アカウントが取得できている

ということです。

 YouTube チャンネルの登録

取得したYou Tube アカウントに

YouTube チャンネルを登録します。

 

このYouTube チャンネルの登録は、

次の2つの理由によるものです。

 

● 視聴者がどのようなジャンルの動画であるのかを

分かりやすくするため。

 

● もし視聴者に、「YouTube アカウント」 の個人情報が

表示されてしまうと、動画作成者が特定されてしまう可能性

があり、プライバシー保護の観点から「特定される」のを

防ぐため。

 

YouTube チャンネル登録の具体的な方法は、

下の Kyohei Sonoyama 様の動画説明が分かりやすいので

参考にしたらよいと思います。

 

情報元:Kyohei Sonoyama 様

 

▼チャンネル登録が終了した私のYouTube 管理画面です。

左側の赤枠内が「クリエイターツール」 という作業項目です。

2016-06-14_15h48_17

 

 

▼拡大したものです。

2016-06-14_15h48_51

 

▼上の画像で、下の方にある、「アナリティクス」(=データ分析機能)

も、かなり充実していることがわかります。

2016-06-14_15h52_57

 

YouTube の「チャンネル登録者数」 が、5、000人を

超えると無料で最新設備を提供してくれる場所もあるん

ですね。これまで知らなかったことだらけです。

 

YouTube space Tokyo 六本木

 

geralt / Pixabay

第1回、Youtube 実戦記スタートします!

geralt / Pixabay

ブログをやり始め、そろそろ1年を迎えようとしています。

今まで、「SEO に関する記事」 や「PPC 広告の記事」、

そして最近では、「Facebook」 に関する記事を書いてきました。

 

特に、「PPC 広告」 に関する記事には、「電子書籍」 を出版

しませんか、という依頼が3社から送られてきました。

「電子書籍」に関しては、全く知識がないのと、投資額に

見合うだけの見返りがあるとは思えなかったので、踏み切り

ませんでした。いずれは挑戦してみたい気がします。

 

▼電子書籍の代行料(ざっくりです)

● A社 3万9千円

● B社 6万9千円

● C社 9万8千円

 

さて、今回から Youtube に関する記事を書いていきます。

とは言っても、実はまだ、どんな記事にするか考えて

いないんです。「何となく記事になるかも」という

レベルです。

 

約1年前のSEOの記事も

 

PPC の記事も

 

Facebook の記事も

 

記事の方向性はすべて直感です。

とりあえずキーボードに向かい手を動かしていきながら、

記事をまとめていきました。

 

Youtube の知識はゼロです。

もちろん動画をアップしたことなどありません。

 

ブログへの集客ということと、もしかしたら、多少の収益が

あるのではないか、という期待もあります。

 

気長にゆっくり記事を書くことを楽しんでいこうと思います。

 

▼ そういえば、先ほどこんなサイトを見つけました。

Youtube 世界再生回数ランキング 

よくわかりませんが、1億再生回数など、想像もつきませんね。

 

まずは Google アカウントの取得から

google-ed3db40929

Youtube に登録するためには、Youtube アカウントを取得する

ことが必要になります

そして、Youtube アカウントを取得するためには、

Google アカウント(=Gmail アカウント) の取得が必須となります。

 

したがって、もし Google アカウントをお持ちでない方は、

アカウントを取得しておきましょう。

「Google アカウントの作成」 などと検索すると、取得方法を

示したサイトが多く出てきますので参考してください。

 

▼下のブログ記事が分かりやすいと思います。

AjaxTower 様のサイト

 

Google は2006年10月にYoutube を買収しました。

(買収額:16億5千万ドル=約2,000億円)

それ以来、Youtube のサービスは Google のサービスの

一部となり、Youtube アカウントの取得には、Google

アカウント の取得が必須となったわけです。

Google のアカウント1つで、Google と Youtube の連携が

簡単に出来てしまうので、本当に便利ですね!

 

 

ブログ作成者 usa


こんにちは、usa です。
これからの学習塾の生徒獲得は
ネットがメインになってくると思います。
いろいろ調べ実践していきます。
よろしくお願いします!!

★ スポンサーリンク ★




★ Facebook ページ ★

▲トップへ戻る