第2回 検索エンジンがしていること

現在、日本で利用されている主要な検索エンジンは、

Google、Yahoo JAPAN、Bing と3つあります。

正式な数字は公表されていませんが、日本では、Google、Yahoo JAPAN が

シェアの大半を占めています。

Yahoo JAPAN も、実は Google のデータベースを利用しているため、

検索エンジン対策のメインは、実質 Google 対策ということになります。

 

それでは、検索結果は一体どのような過程を経て決まるのでしょうか?

検索エンジンには、「クローラー」と呼ばれているシステムがあります。

” サイト巡回ロボット ” とお考えください。

このロボットが世界中のサイトを、自動的に、年中無休でインターネット上の

サイトから情報を収集しています。

そして、サイトの内容を評価し、検索結果に反映しているのです。

 

サイト内のリンク、他のサイトからあなたのサイトへのリンクなど、

いろいろな経路をたどりながら、ページを解析し、関連性やその

評価を判断しています。

クローラーは、200以上の判断基準を設けています。

これら200を超えるチェックを、わずか 0.5 秒でこなします。

恐るべし、クローラー!! ですね。

 

次回は、このクローラーの仕組みを、もう少し詳しく見ていきます。

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ作成者 usa


こんにちは、usa です。
これからの学習塾の生徒獲得は
ネットがメインになってくると思います。
いろいろ調べ実践していきます。
よろしくお願いします!!

★ スポンサーリンク ★




★ Facebook ページ ★

▲トップへ戻る