第9回 PPC 広告と新聞折り込みチラシとの比較 

love-1100886_640

今日は1月31日。明日から2月に突入し、いよいよ生徒募集も本格化

する時期ですね。私の塾のホームページも、訪問客が増えています。

塾をお探しの(主に)お母様方は、今からじっくり塾をネットで調べ、

2月中旬から一気に行動を起こすのでしょう。

 

さて、今回は 「新聞折り込みチラシ」と 「PPC広告」 を

いろいろ比較してみたいと思います。

広告の 「効率」 という点で比べてみる

以前、PPC 広告によって生徒を獲得する場合、

私の塾の獲得単価は、5万4千円になる、ということを

述べました。5万4千円の経費をかけ、1人お問合せが

あれば、私の塾では OK とします。

 

「お問合せ」に5万4千の経費をかけるというと

不思議に思うかもしれませんが、私の塾に、

「お問合せ」 をするということは、ほぼ90%くらいの割合で

入塾することを決めているお客様です。大手塾と違い、

地方の個人塾なので、今いる生徒の紹介で「お問合せ」を

していただくケースがほとんどです。

ですから「お問合せ」= ほぼ「入塾」と見なすことができます。

 

したがって、PPC 広告の成約も、「お問合せがあったとき」

と設定しました。

 

獲得単価の詳しい算出法は、第7回に書いてありますので、

そちらの記事をご覧ください。

第7回の記事

 

● PPC 獲得単価 = 生徒1人を獲得するのにかかる経費

 

● PPC 獲得単価の式 = 1人の生徒の年間売上 × 0,3

 

まずこの「獲得単価」を新聞折り込みチラシと比較した

表は次の通りです。(私の塾の場合)

無題

一見すると、PPC 広告の方が経費を多くかけているように

感じますが、「効率」という点で、そうとは言い切れません。

例えば、私の塾ではこれまで毎年、約10万枚のチラシを

撒いてきました。10万枚に対するお問合せ数は120人です。

 

● お問合せ率=0、12%(1000枚に1人程度)

 

新聞折り込みチラシでは、こちらが求めているターゲット

は決まっていても、大多数の人にとって、塾のチラシは

興味の対象にはなりません。手にしてもらえません。

興味のないお客様に対しても配ることになってしまいます。

 

ここに大きな 「経費のロス」 が発生してしまいます。

 

一方、PPC 広告の場合、ネット上で私の塾の広告を

見かけ、検索してくれるお客様(=塾に興味があるお客様)

に対して、広告を出せます。しかも、その広告をクリックしないと

広告費が発生しません。掲載料はかかりません。

 

塾の1クリック当たりの単価(=クリック単価)は、

比較的高い傾向にはありますが、それでも新聞折り込みチラシ

のような「経費のロス」はありません。

経費にかける効率は、PPC 広告に軍配が上がります。

 

広告の「効果を検証できるか」で比べてみる

computer-820277_640

はっきり言いまして、新聞折り込みチラシのような、紙面広告では、

効果の正確な検証はできません。

 

私も正直、1年間で10万枚の新聞折り込みチラシを撒き、何割の人が

新聞を手に取り、手に取ってくれた人の内、何割の人が私の塾に

お問合せをしてくれたかといった正確な数字は掴めていません。

 

「チラシのどの部分が、お問合せをする決め手になったか。」

「チラシのどの記事がよく読まれているか。」 など、もちろん不明です。

 

つまり、紙面広告では、その効果はなんとなく今までの

経験上わかるが、正確にはわからない、ということになります。

 

一方、PPC 広告では、新聞折り込みで検証できなかった

ことが正確にわかります。

 

・ お客様が、PPC 広告をクリックするのに検索したキーワード

・ こちらが設定したキーワード毎の成約数

・ PPC 広告からホームページに来たお客様が、ホームページ

のどこを見ているのか、また、どこを見て成約に繋がったか。

 

など、書いていくと切りがないくらいです。

「効果を検証」という点でも、PPC 広告に軍配が上がりますね。

 

ホームページのアクセス解析

今回のテーマとは少し違いますが、PPC 広告に限らず、

ホームページでも、いろいろな解析、検証ができます。

 

下の画像は、1月の私の塾のホームページのアクセス解析です。

使用しているホームページは、Jimdo です。

(PPC 広告の解析ではありません。)

 

2016-01-30_22h35_52

jimdo

 

赤枠内が貴重な集客データになります。

1月の中旬から、急に訪問者が増えていることがわかりますよね。

どこの塾でも同じだと思いますが、わが子を塾に通わせることを

考えているお母様方は、2月の中旬頃には、ほぼ塾を決めます。

 

逆算して推測してみますと、塾を探し始めるタイミングは、

まさに、「1月中旬」 ということになりますね。

 

9月~1月までの、月別訪問者をまとめたものが次の表です。

訪問者数は月を重ねるにつれて増加傾向にあります。

春期講習・新年度チラシを撒く、2月中旬には、約50%くらいの方が、

「塾を決めている。」 のではないでしょうか。

無題

 

下の画像は、「クエリ」 です。(クエリはぼかしで隠していますが)

2016-01-31_15h08_27

 

● クエリ = お客様が実際検索窓に打ち込む文字

 

Google の Search Console(サーチ コンソウル) をホームページに

設置すると、塾のホームページを訪問した人が、

どんな文字(=キーワード)で塾を検索したかがわかります。

 

この 「クエリ」 の確認 は、サイト運営者にとって必須です。

ぜひ、導入することをお勧めします。

私の以前の記事も参考にしてください。

ただし、記事は、Word Press でサイトを運営している人向け

です。Word Press 以外でサイトを運営している場合は、

「今お使いのホームページ名 + Search Console」 で検索すると、

公式、非公式にかかわらず、説明しているサイトがあるはずです。

 

Search Console 設定

 

ホームページを閲覧したお客様が、

① いつ閲覧したか。

② どのくらいの人が閲覧したか。

③ どのページを閲覧したか。

④ どんなキーワードで訪問してきたか。

など、ホームページでもさまざまな効果を

検証することができます。

 

折り込みチラシが優位な点

newspaper-973048_640

これまで、広告の 「効率」, 「効果の検証」 という点で

比べてきましたが、最後は、新聞折り込みチラシの方が

優れている点について述べてみます。

 

・ 折り込み日を指定でき、短期間で一気に配布できる。

⇒ 直接手元に届くので、塾に関心があるお客様に

じっくり読んでもらえる。

 

・ 新聞購読層は、主婦層やファミリー層が多い。

⇒ 家族みんなで共通の紙面を見ながら塾を検討できる。

 

・ エリア指定で同じチラシが配達された場合、お母様方の話題になる。

⇒ 子供を塾にと考えているお母様方の共通の話題になり、行動を

起こすきっかけになる。

 

以上のように折り込みチラシは、「即効性」「話題性」「地域性」

という点で、PPC 広告よりも優位なのではないでしょうか。

 

結局、学習塾の生徒募集は、PPC広告と折り込みチラシの

「連動集客」がベストな方法だと思います。

それぞれの媒体が持つ優位性を活かしながら、効率よく

集客したいものですね。

 

PS.

Yafoo PPC 広告(スポンサードサーチ)の登録手続きを

完了し、キーワード選定、単価設定も終了。

管理画面もしっかり設置されています。

 

ただ、

 

まだPPC 広告の出稿ができません。

 

理由は、

 

ホームページがないからです^^;;

 

今のホームページ(=Jimdo )は、品質という点で

劣ることと、SEO 的にやや弱いという点で、

PPC 広告では使用しません。

 

使用するホームページは、今なお製作中です。

Jimdo との契約が切れる、2月14日までには

完成させる予定です。

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ作成者 usa


こんにちは、usa です。
これからの学習塾の生徒獲得は
ネットがメインになってくると思います。
いろいろ調べ実践していきます。
よろしくお願いします!!

★ スポンサーリンク ★




★ Facebook ページ ★

▲トップへ戻る