第10回 「新年度生の獲得目標を決める!」&「ホームページ公開!」

geralt / Pixabay

2月に突入し、皆さんの塾でも春期講習や新年度募集に、

本腰が入っている時期かと察します。

4月からの新年度生の獲得目標も

決まっていることでしょうね。

 

さて、今回は私の塾の生徒獲得目標について、

「PPC 広告から、どれくらいの生徒を獲得できるか」

という観点で述べていきます。(一部推測も含みます)

 

また、私の塾のホームページを今回公開します。

2月14日(日)に完成するホームページと

比べてみてください。いかに、「ホームページの品質」が

集客において大切であるかが、わかると思います。

黄金のラインを構築する!

jackmac34 / Pixabay

新年度の生徒獲得目標は、40名と決めています。

 

この40名を塾生の紹介や兄弟による紹介と、

新聞折り込みチラシやPPC 広告からの獲得に分けると

その比率は次の表のようになります。

無題

私の塾は大手塾とは違い、新潟市の端っこにある小さな塾です。

開業して4年になりますが、地域密着でコツコツ運営してきました。

今のところ、ほぼ1つの小学校と中学校のお子様がターゲットです。

 

私の塾の存在を知る人は、塾から半径約5km以内に

お住まいの方に、ほぼ限定されます。

したがって、「塾の存在」を知っている、ご近所の方の

紹介が圧倒的に多い訳です。

 

本当に獲得したいのは、「遠方」にお住まいの方です。

「遠方」にお住いの方に、私の塾の存在をアピールできる

主な媒体は、チラシとホームページです。

チラシは毎年撒いていますので、だいたい反応率は

予測できます。

 

勝負は、

PPC 広告 ⇒ ホームページ ⇒ お問合せ ⇒ 入塾

という 【黄金のライン】 を構築できるか、にかかっています。

 

新聞折り込みチラシにかける経費

geralt / Pixabay

毎年、新聞折り込みチラシを撒いていますが、

チラシから入塾に至る割合は、だいたい 2割 程度です。

残りの 8割 は塾生による友人紹介や兄弟姉妹の紹介です。

 

先ほどの表は、今までの運営実績を元に算出した数字ですが、

新聞折り込みチラシで、6名 を獲得するために必要な経費は、

ざっと 21万円です。

私の塾の場合は、新聞折り込みチラシで、1人の生徒の獲得に

対して、投入できる経費は、3万5千円です。

 

6名の生徒を獲得するという目標ですので、

式は単純に次の通りです。

 

● 3万5千円 × 6人 = 21万円

 

新聞折り込みチラシに、21万円 の経費をかけ、

どのくらいのチラシが撒けるかというと、

約 2万枚 ですね。下の表は、チラシ2万枚を撒いた時にかかる

経費を示したものです。

※ 地域やチラシの質により多少の違いはあります。

無題

チラシの経費をまとめたものが、次の表です。

無題おおお

今年度は、前年度と比べると、新聞折り込み広告にかける経費を

約4割減らしました。かなりの削減率ですけど、削減したのには

理由があります。

それは、PPC 広告に広告費の一部をまわすからです。

 

PPC 広告にかける経費

one-way-street-1113973_640

 

以前、PPC 広告の記事を書いた際、「生徒1人の獲得単価」を

次のように設定しました。(私の塾の場合)

 

 獲得単価(CAP)=1人の生徒からの年間売上(LTV) × 0,3

 

 私の塾の獲得単価=18万円 × 0、3 = 5万4000円

 

PPC 広告からの獲得目標を 6人 と設定しているので、

PPC 広告にかける経費は、ふつうに考えると、計算上は、

5万4000円 × 6 人で、32万4000円になりそうですが、

実際どんな金額になるかは、運営してみないとわかりません。

 

1回撒いてなんぼ、というチラシとは性質が異なり、

PPC 広告は、1クリックなんぼ、という世界です。

PPC 広告を掲載する、2月15日から新学期がスタートする

4月8日までの約1か月半の間、試行錯誤しながら運営

していくことになりそうです。

 

まだ、PPC 広告を掲載していないため、

断定的なことは言えませんが、PPC 広告の場合、

次の数字が生徒の獲得数に大きく左右されます。

 

 上限クリック単価をいくらに設定するか。

 

・ PPC 広告からの「お問合せの割合」をどのくらいに設定するか

 

上の2つを順に見ていきます。

 

はじめの、「上限クリック単価」 ですが、これはすでに決めています。

公式から算出すると、

 

● 上限クリック単価(CPC)=獲得単価(CPA) × お問合せ率

 

● 私の塾の上限クリック単価

=5万4000円 × 0,005(=0,5%)=270円

 

今のところ、80円~270円でクリック単価を決めていますが、

今後、PPC 広告を Web 上に掲載し、運営していく過程で、

いろいろ変更していきます。このクリック単価については

今後も試行錯誤を繰り返すことになりそうです。

 

次に、「お問合せの割合」(コンバージョン率)ですが、

どの程度を見積もるのか、いろいろな要素が絡んで

きますので、正確に決めるのは難しいですね。

 

以前の記事では、0、5% と決めましたので、変更は

しないことにします。200人が私の塾を訪問し、

1人がお問合せをしてくる、という数字です。

(推測ながら)、まとめると下の表になります。

無題ppc

ホームページの品質

geralt / Pixabay

PPC 広告において、最も重要なものがホームページです。

お客様を最終的に連れて来てくれるからです。

そこで、 「ホームページの品質」 ですが、

これがかなりの部分で集客を左右しますよね。

下は、今の私の塾のホームページです。

 

usa の塾のホームページ ⇒ こちらをクリック

 

一見すると、可もなく不可もない、ごく普通のホームページです。

 

しかし実は、

 

「不可」 だらけなのです → → → 「集客」 を考えると。

 

PPC 広告をクリックしていただき、ホームページに誘導できても

この品質では、「お問合せ」 をしてみよう!

という気にはなりませんよね^^;;

 

このホームページには決定的に弱いところがあります。

 

おわかりですか?

 

そう、1ページ目(=訪問して一番はじめに目にするページ)

に、お客様が見たい情報がないのです。

 

例えば、私の塾では、「英検対策」にとても力を入れています。

お客様が、「塾 英検対策」で検索し、私のホームページに

訪問したとしても、はじめのページに「英検」という

文字がないのです。お客様は、「英検」 というキーワードで

塾を訪問しているにもかかわらず、その文字がないというのでは、

お客様に対してとても失礼です。

 

また、デザイン的にも、「ビジネス」 の品質ではありません。

「個人のブログ」 レベルです。

 

お客様は、「ホームページの質=塾の質 と直観的に見なす」、

くらいに考えておいた方がよいですね。

 

4年前、ド素人の私が、数時間で作ったものなので、

仕方がないことなのですが、お客様に訪問していただく

からには、それ相応の品質がないと集客に繋がりません。

 

まあーただ、こんなホームページでも、塾開校時から4年間、

よく頑張ってくれました。今でも月間100人くらいの訪問者が

あります。本当に感謝です!

 

このホームページとも、あと1週間でお別れです。

2月13日(土)に契約が切れますが更新はしません。

 

ホームページの品質 UP のため、

今現在ホームページの製作の最中です。

2月14日(日)中に完成させ、翌15日(月)より

PPC 広告の掲載スタートの予定です。

 

「新潟市 塾」 で1ページ目掲載が目標!

私の塾の名前を知っていれば、「塾 Guts」 だけで上位

表示されますが、知らない人は、永遠に私の塾には

たどり着きません。

 

私の当面の目標は、「新潟市 塾」 で、1ページ目に表示される、

ということです。2ページ目以降は、ほとんど見られませんので。

 

キーワード選定はすでに済んでいますので、ホームページが

完成次第、ひたすら1ページ目掲載をめざし、頑張ります!!

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ作成者 usa


こんにちは、usa です。
これからの学習塾の生徒獲得は
ネットがメインになってくると思います。
いろいろ調べ実践していきます。
よろしくお願いします!!

★ スポンサーリンク ★




★ Facebook ページ ★

▲トップへ戻る