PPC 実践記

第2回 PPC 広告、ターゲットを決める

FirmBee / Pixabay

今回は、自分の学習塾のPPC 広告をWeb 上に設定して、

「こんな感じで設定しましたー!」 みたいな記事を書く予定でした。

しかし、その記事はまだ書けていませんし、書ける段階ではない

ことがわかりました。

なぜか?

PPC 広告は、気軽にはじめられる広告媒体ではない、ことが

わかってきたからです。

今日は、予定を変更して、PPC をはじめるに当たり、

いろいろ考えたこと、まとめたことを書くことにします。

geralt / Pixabay

どんなビジネスでも言えることですが、いきなり「行動を起こす」

のではなく、明確な目的、目標がなければ失敗しますよね。

これ、当たり前のことです。

 

しかし、私はうっかり行動を起こしてしまうところでした。

 

私にとって、PPC広告 のような Web を利用した未知の分野に

挑んでいくとき、ワクワク感が優先してしまい、

「とりあえず Web にPPC 広告 を設定してみよう!」という

ノリになっていました。

 

新聞折り込みチラシの時も、「とりあえずこの地区も撒いておこう!」

で結局失敗した経験が何度かあるのにもかかわらず。

 

PPC 広告も当然、しっかりした戦略を立て、明確な数値目標を決めないと、

失敗する可能性があると思い、とりあえず、3つの決め事を考えました。

 

その戦略や数値目標を決める際の、基本的な3つの決め事とは、

下の①~③です。

 

①「誰に」=ターゲットとなるユーザーを決める。

② 「どのように」=顧客、競合、自分の塾を踏まえた訴求点をキーワードを軸に決める。

③ 「どれくらい」 =目標人数、予算、獲得単価を決める。

 

経験上、顧客に対してアクションを起こすとき、

上の ①~③ までの戦略を明確にすることが、とにかく大切だと思います。

この決め事は、たとえばチラシを作成する場合や、ホームページを

作成する場合と似ています。

 

今回は、4つの中の、 ① 「誰に」 について述べていきます。

 ターゲットとなるユーザーを決める簡易ペルソナ。
geralt / Pixabay

誰に向けてPPC 広告を設定するかということですね。

 

私は大手学習塾にいた時、チラシをどの地域にどれくらい撒くか、

撒いた結果、何人の保護者からのお問い合わせがあり、

そのうち何人のお子様が実際に入塾にいたるのか、という数値目標

を、さほど根拠もなく決めていました。

 

今、考えますと、「根拠がない」、「今までの慣習」でチラシを

撒いていたことになります。

 

全国の「大手」といわれる塾は、10年前くらいまでは、同じような手法で

チラシ媒体を利用していたのではないでしょうか。

 

誰に向けてチラシを撒くのか、ということを明確にしないままに。

 

今は、学習塾業界といえども、「ネットを活用した集客」が多少進化し、

ここ数年、ネットによる生徒獲得へと、動き出しています。

 

ただし、平成14年度4月データによると、ネットを活用して本格的に

「生徒募集」に乗り出している塾は、全体の9%、との統計データ

もありますので、業界全体としては、遅れている、と実感しています。

 

さて、ターゲットとなる顧客の具体的なイメージを決める場合、

よく用いられる方法として、「ペルソナ」があります。

PPC 広告でも、この「ペルソナ」をまず決めることは重要だと

思います。

 

「ペルソナ」とは、マーケティング戦略において、

ターゲットとするユーザーを明確にするために、

用いられる「仮想の人格(者)」のことです。

ターゲットとなる顧客を、より具体的に、明確にするということですね。

 

たとえば、顧客ターゲットを次のような項目で設定します。

 

1 年齢・性別・年収などのプロフィール

2 職業(仕事内容、役職等)・所得などの経済力

3 家族構成

4 居住地

5 塾に入る目的や動機

6 塾を決定する際の評価ポイント

7 塾に対する知識

8 インターネットの利用状況・利用時間

9 主に利用しているデバイス・検索エンジン

 

このように、ターゲットとする顧客像を明確にすることにより

より鮮明な、的を射た広告が出せると思います。

私が設定した簡易ペルソナ
johnhain / Pixabay

1 年齢・性別・年収などのプロフィール

43歳 ・ 女性 ・ 140万円

 

2 職業(仕事内容、役職等)・所得などの経済力

食品会社(事務 ・ パート)

 

3 家族構成

夫、妻(本人)、中2の娘、小5の息子

 

4 居住地

新潟市(東石山地区)、当塾から車で20分、母親による送迎

 

5 塾に入る目的や動機

現在、中2の娘さんは、大手の個別指導塾にいるが、

最近の中間テストの点数が悪かった。中1から通っているが全く成績が

上がらない。学生が指導している上、担当講師がよく代わることにも

不満を募らせている。

 

6 塾を決定する際の評価ポイント

学生が指導しないこと。成績が上がる塾であること。

家から車で20分以内。

 

7 塾に対する知識

知識はほとんどない。塾を変えることを考えているので、最近は知人から、

塾の情報を得たり、ネットで調べている。

 

8 インターネットの利用状況・利用時間

毎日、夜10時くらいから1時間程度塾情報を求めてネットで検索している。

 

9 主に利用しているデバイス・検索エンジン

自宅のパソコンを使用し、ヤフー検索のみ。

スマホは外出時にたまに利用。

※ パートの主婦の方の用いる検索エンジンは、主にヤフーと判断。

 

簡易なものではあるが、これで私のターゲットとなる顧客が

だいぶ絞れてきた。

「ペルソナ」は、状況により変更ができるし、ターゲット像を1つに

限定するのではなく2人~3人に設定してもよいと思います。

 

次回は、PPC 広告における、キーワード選定などについて述べていきます。

 

2 thoughts on “第2回 PPC 広告、ターゲットを決める”

  1. usaさん

    こんにちは、最上ひさしです。

    期待の続編、非常に楽しめました。
    マーケティングの基本を押さえていて、解りやすく、続きを早く読みたくなりました。

    ところで、ブログデザインですが、リニューアルされましたか?
    以前のデザインと少し違うような気がしました。
    もし、まちがっていたのであれば、失礼なことを申し上げてごめんなさい。

    これからも、よろしくお願いいたします。

    1. 最上さん、こんにちは。

      コメントありがとうございます!

      PCC (リスティング広告)については、手探りで進行中です。
      正直、自分の考えや、実行しようとしていることが、
      正解なのか間違っているのかさえも、わからないです。

      おそらく、何度か失敗し、修正をしながら進んでいくと思います。
      最上さんのコメントには、本当に勇気づけられます!
      これからもよろしくです!

      PS ブログデザイン変更しました。私のブログは、
      「集客」がテーマなので少し「ビジネス」っぽい雰囲気を
      出したかったからです。

        ちょこ講師にちょこっといじってもらいました。 
        フレンドマークスタジオでは、ブログヘッダーや
        ブログ全体のデザインだけの依頼も引き受けてもらえます。
        もちろん有料ですが、安いです。デザイン案も6種類用意して
        もらい、とてもありがたかったですよ。
        
         
         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)